応援!女性の高級賃貸生活

独身女性の都心生活を応援!高級賃貸マンションでの新生活をプッシュします

女性に人気の職業、薬剤師になるために必要な時間とお金

女性に魅力的な資格である薬剤師

薬剤師の求人専門サイトまであるくらい、薬剤師の人材が求められています。
薬剤師とは普段病院や薬局でよく見かけるが、ドラッグストアに勤務していたり、企業に勤務して研究開発、営業、治験等をしていたり、官公庁に勤務していたりと様々な場所で活躍しています。

薬剤師になるための方法

そもそも薬剤師とは、薬局や病院などで、処方箋にもとづいて薬を調合し、患者さまにお渡しする仕事です。
命にかかわることですので、責任は重大ですが、その分やりがいがある仕事と言えます。
薬剤師になるためには、薬科大学や専門学校で、薬や人体などについての専門知識を学びます。
その後国家試験を受けて、合格すれば、晴れて薬剤師になれます。
最近では、社会人が大学に入りなおして薬剤師の資格を取り、転職するという場合も多いようです。
薬剤師の求人は、病院だけでなく薬局でも多くあるので、転職はかなり有利だと言えます。
また、たとえばパートの場合でも、時給がかなりよいため、結婚したり子どもを産んだ主婦にとって、時間の融通もききますし、家計の手助けになります。
資格をとるまでは大変ですが、一度とっておけば、将来的に役に立つ資格です。
友人が社会人になってから大学に入りなおして国家試験に合格し、現在薬剤師として働いています。
収入もかなり良いそうです。

薬剤師になるにはかなりの年数も費用もかかるのです。

しかし薬剤師になるには、普通は薬科大学や薬学部のある大学に6年間通って受験資格を得て、薬剤師の国家試験を受験して合格しなければならないのです。
私の周りにも薬剤師の資格を持っていて、薬局や企業に勤務している知り合いがいます。
女性で子どもがいても高給与、好条件で働けているようで、うらやましい限りです。
薬剤師になるには、かなりの年数も費用もかかり、そしてそれなりの勉強もしないといけません。
もう、自分では無理であるが、もし娘ができたら是非持たせたい資格です。
やはり、出産後も働くことを考えると、薬剤師という資格は大変魅力的です。
でも、そのためには先立つ学費を貯めておかなければいけませんね。

応援!女性の社会進出記事一覧